2015.12.02 Wednesday

阪急不動産オーナーズ倶楽部 会報誌

阪急不動産オーナーズ倶楽部 会報誌

阪急不動産発行の『阪急不動産オーナーズ倶楽部 会報誌』の“ゆったり大人の旅手帖”で、銀座三河屋の煎酒(いりざけ)煮ぬき汁が紹介されました。

行きつけの店をめぐって
風情のある街並みを残す銀座8丁目の金春通りには、日本の伝統食の原点である「江戸食」の専門店「銀座三河屋」があります。創業は江戸の元禄時代。
看板商品は、江戸の万能調味料の「煎酒」で、江戸料理の文献を読んだ社長自ら復刻版開発に取り組み商品化に成功。

身体にやさしい江戸食の専門店「銀座三河屋」
豆腐料理やお刺身、サラダなどにそのままかけたり、料理の下味にも使える「煎酒」と、味噌仕立ての麺つゆ「煮ぬき汁」

阪急不動産オーナーズ倶楽部 会報誌』本文より抜粋

阪急不動産オーナーズ倶楽部 会報誌

<< キタ・マルシェ 2015年11月号

散歩の達人 2015年12月号 >>

main

最新の記事

アーカイブ