2020.10.01 Thursday

Hanako特別編集 完全保存版【銀座三河屋】

マガジンハウス発行『Hanako特別編集 18人の料理家が考えた、日本のおいしさ簡単レシピ。』で、銀座三河屋の「煎酒」が紹介されました。
“パパッと作れる、簡単サラダ”として、『切り干し大根と香味野菜の煎酒和え』のレシピが紹介されています。

独特の塩気と酸味がクセになる伝統調味料。
日本酒に紀州南高梅と花がつおを入れて煮詰めた煎酒は、醤油が普及する前の約250年間使用していたもの。「銀座三河屋」では梅干の酸味と塩気に旨味が加わり、現代の人の口に合うようまろやかな味わいを再現しました

Hanako特別編集 18人の料理家が考えた、日本のおいしさ簡単レシピ。』本文より抜粋

2020.08.19 Wednesday

TOKYO METRO NEWS 2020年8月号

東京メトロ発行『TOKYO METRO NEWS 2020年8月号』で、銀座三河屋の「煎酒」「煮ぬき汁」とその他「海人の藻塩」「本和香糖」が紹介されました。

江戸前調味料でクッキング
日本酒に梅干しと花かつおを入れて煮詰めた「煎酒」は、江戸時代の食卓では欠かせなかった調味料。かつお節のうま味と梅酢の酸味と塩気が合わさったまろやかな味は、冷奴やサラダなどさっぱりとした料理にもぴったりです。「煮ぬき汁」は江戸中期以前に食されていた味噌味のめんつゆ。この夏は、江戸時代の風味を楽しんでみては。

TOKYO METRO NEWS 2020年8月号』本文より抜粋

2020.05.15 Friday

銀座百点 2020年5月号

銀座百店会発行『銀座百点 2020年5月号』の【GINZA拝見】で、銀座三河屋が紹介されました。

GINZA拝見
銀座三河屋は、旬の食材を楽しみ、豊かな発想で日本の食文化を発展させた江戸の“スローフード”の店。主食のごはんをおいしく引き立てる逸品、健康を気づかい吟味した食材の数々をそろえ、江戸伝統の味と食文化を、今日に伝えるセレクトショップです。

銀座百点 2020年5月号』本文より抜粋

2019.08.01 Thursday

CREA 8・9月号

文藝春秋発行のライフスタイル誌『CREA 8・9月号』で、銀座三河屋の即席貝汁(あさり・合味噌)、が紹介されました。

作りたてのフレッシュ感が楽しめる貝汁
豆味噌と米味噌を独自の配合でブレンド。新鮮なあさりをレトルトパックにしていて、身も楽しめる。「お湯を注ぐだけで、具のだしと合わせ味噌の風味が広がります。しじみもおいしい」(北條さん)

CREA 8・9月号』本文より抜粋

2019.07.14 Sunday

MBS「所さん お届けモノです!」

2019年6月16日(日)に放送された、MBSテレビ「所さんお届けモノです!」で、銀座三河屋の煮ぬき汁」「煎酒(いりざけ)が紹介されました。

─ガイドブックに載っていない銀座の新名物─
『煮ぬき汁』『煎酒(いりざけ)』が紹介されました。
博品館TOYPARK会長 伊藤様からのご紹介をいただき、タレントの横澤夏子さんが来店、煮ぬき汁、 煎酒を試食していただきました。スタジオにいる所さんには、煎酒をお届け!田中さんのご案内で、所さん、新井恵理那さん、ゲストの吉田鋼太郎さんに、冷奴を煎酒で召し上っていただけました!

>>

全 [33] ページ中 [1] ページを表示しています。

最新の記事

アーカイブ