2017.03.15 Wednesday

Hanako ママ 49号

マガジンハウス発行の『Hanako ママ 49号』の“東京メトロ大人の歩き旅”で、銀座三河屋の煎酒(いりざけ)が紹介されました。

日々のごはん作りを助ける、気の利いた調味料たち。
江戸時代の万能調味料を再現した一品。「お酒ではなく、梅酢などでできた調味料。しょうゆと合わせたり、煮物に使っても」。

Hanako ママ 49号』本文より抜粋


2017.03.12 Sunday

日本全国 お取り寄せ手帖WEB

扶桑社の『日本全国 お取り寄せ手帖WEB』の“田丸麻紀のこれが好き!”で、銀座三河屋の煎酒(いりざけ)が紹介されました。

そもそも煎酒を知ったのは10年以上前。お友達の結婚式の引き出物だったんです。気に入って購入していたのですが、偶然にもその後、あるお仕事のロケで銀座三河屋さんに行くことになり、「あ、ここ知ってる!」と。運命的な出会いですよね〜。

銀座三河屋さんは歴史あるお店で、元禄時代からあるそうです。今では日本の伝統食の原点でもある江戸時代の製法にならって再現したお酒とか、さまざまな調味料がたくさん揃っています。お店をのぞきに行くのも楽しいと思いますよ。

 

田丸麻紀のこれが好き!』本文より抜粋

 

2016.11.27 Sunday

はいからEst 第140号

アーデント・ウィッシュ発行の『はいからEst 第140号』の“東京メトロ大人の歩き旅”で、銀座三河屋の煎酒(いりざけ)が紹介されました。

元禄年間(1688〜)創業。
江戸の食文化に着目し、当時の料理書から再現した食品などを販売。
日本酒に梅酒と花かつおを入れて煮込んだ「煎酒」は、醤油のように使える調味料。
塩分控えめながら、かつおと梅の風味が料理を引き立てます。

はいからEst 第140号』本文より抜粋

2016.09.26 Monday

テレビ東京『L4YOU!』9月8日(木)放送

9月8日(木)放送の『L4YOU!』で、銀座三河屋の煎酒(いりざけ)煮ぬき汁が紹介されました。

9月8日(木)PM3時55分より、テレビ東京放送生活情報番組「L4YOU」にて、「幻の江戸時代2大調味料:煎酒と煮ぬき」が放送されました。
料理人のつくり出すこの調味料を使った料理の数々、食材の味を活かした料理等江戸時代の食の素晴らしさを再現した内容でした。
番組中、銀座三河屋の煎酒と煮ぬき汁が紹介され、放送後、多くの方々より問合せを頂き、当調味料への関心の高さを感じました。
現代の日本の食事の原点である「江戸食」、ますます見直されてきているようです。

image-20160926-2.jpg

image-20160926-3.jpg

image-20160926-4.jpg

image-20160926-5.jpg

image-20160926-6.jpg

2016.08.05 Friday

AneCan 2016年 8月号

小学館出版発行の『AneCan 2016年 8月号』の別冊付録“夏レシピBOOK”で、銀座三河屋の煎酒(いりざけ)が紹介されました。

日本酒に梅干しと花がつおを入れて煮詰めた調味料。
かつお節の旨味と酸味、塩気のバランスが絶品で、煮物、和風サラダのドレッシングにと大活躍。冷ややっこにも◎

AneCan 2016年 8月号』本文より抜粋

>>

全 [28] ページ中 [1] ページを表示しています。

最新の記事

アーカイブ